おいでよどうぶつのもりの紹介。その他、オンライン無料ゲーム、おもしろいゲームの紹介。おいでよ動物の森の攻略本も紹介しています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ルパン8世 at --/--/-- --:-- | Top▲

ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト |任天堂


ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイトニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト
任天堂
Nintendo DS Video Game
発売日 2006-03-02


2004年12月に発売されたニンテンドーDSの上位モデル。ただしDS、DS Lite共に店頭での品薄が続いており、出荷がDS Liteに偏っているため、事実上の改訂版になっている。

サイズが小さくなった部分と、変わらない部分と、大きくなった部分がある。小さく・軽くなったのは本体。ワイシャツのポケットにも無理なく入るようになった。変わらないのは液晶サイズ。だが本体が小さくなった分、逆に大きくなった印象を受ける。明度の切り替えも2段階から4段階に増え、段違いに明るく、鮮やかになった。

そして意外にも大きくなったのがタッチペン。これで入力のしやすさが増した。なかなかニクい改良である。

本体の小型化に伴ってキー配置なども変更された。十字キーとLRキーが小型化され、電源スイッチは本体側面のスライド式に変更。マイクがヒンジ部分に移動したり、タッチペンも横向きに差し込むなど、細かい修正がなされている。外装も光沢仕上げとなり、全体的に玩具臭さが抜けて、すっきりしたイメージになった。それでいて、耐久性は変わらないのがすごい。PDAなら、こうはいかない。

十字キーとLRキーが小さくなった分、アクションゲームに向かない印象があったが、実際に遊んでみたところ大差はないと感じた。むしろDS Liteの方が、十字キーの誤入力が減った印象を受けたほどだ。LRキーはストロークが減ったぶん、カチャカチャという感じに変わったが、プレイに支障をきたすほどでもない。もっともキータッチは機械の個体差や個人差が大きいので、参考程度に捉えて欲しい。

唯一残念だったのは、ファームウェアの操作系に変化がなかったこと。そのためオプション設定やピクトチャット終了後は、一度電源を切らなければならない、などの使いにくさが残っている。液晶の明度がゲーム中に変更できないのも残念。他に上位モデルというなら、ピクトチャットをカラー化するくらいの差別化は欲しかったところだ。

(小野憲史/1971年生まれ。「ゲーム批評」編集長を経て、フリーライターとして活躍中)

携帯機の見本 2007-01-14
ソフトが面白いから買われるという循環で売れに売れていますけど脳トレから始まった

知育ゲームのブームはしばらく止むことが無いかもしれません。

般若心経やら百人一首やら美文字の学習・・・ ペン入力ができるという事で国民的なPDAっぽく

なってきつつあります。これだけ知育ソフトが出ると自分の琴線にふれるものも出てくるので

どうにかして購入したいと考える人が多くいて当然です。

考えてみればPCのソフトで出来るものも多いわけですが、携帯端末でペン入力が可能という

特性をしっかり掴んだソフトがこれからも出るのなら需要はまだまだ続くでしょう。




さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト
Posted by ルパン8世 at 2007/01/15 16:00 | Top▲

ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ |任天堂


ニンテンドーWi-Fi USBコネクタニンテンドーWi-Fi USBコネクタ
任天堂
Nintendo DS Video Game
発売日 2005-11-23




ド素人でも・・・ 2007-01-04
PCド素人でも、すぐインストール、Wii・DSと接続できました。懐かしいゲームを楽しんでます。無線LAN環境がないかた、WiiLANアダプタ品薄で入手できない方、PCをONにしないと駄目ですが、これでPC素人には充分かと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫





Posted by ルパン8世 at 2007/01/15 16:00 | Top▲

弾いて歌えるDSギター"M-06" |PLATO


弾いて歌えるDSギター弾いて歌えるDSギター"M-06"
PLATO
Nintendo DS Video Game
発売日 2006-12-21


【スペシャル・レビュー】
たとえば奥田民生や山崎まさよしのように、カッコ良くアコースティック・ギターを弾きこなしながら、グッとくる歌を響かせることができたら、どんなに楽しいだろう…。そんな空想に浸ったことがある人はきっと多いはず。

「DSギター"M-06"」は、そんな夢をリアルに体感させてくれる"楽器"だ。十字ボタンでコードを選び、タッチペン(またはピックや指)で画面を上下にこすると、アコースティック・ギターを"ジャーン"と鳴らしたときと同じ感覚を味わえる、というのがその基本的な特徴。最初にM-06に触ったとき僕は、まるで本物の弦に触れている時のような手触り、そして何よりも、音の良さに驚かされた。

操作(演奏)が上達すれば、細かいニュアンスも出せるようになり、プレイヤーの個性、表情を巧みに表現できるようになる。また、自分が弾きやすいようにチューン・アップできるのも嬉しい。ギターをかき鳴らしながら歌うことの楽しさを気軽に体験できる"M-06"。

このアイテムは多くの人に音楽の素晴らしさ、そして、歌の奥深い魅力を伝えていくことになるだろう。この"楽器"出会ったことで僕は、(少々、倒錯しているような気もするが)何年かクローゼットの隅っこでほこりにまみれていたアコギに触ってみたくなった。(森朋之/音楽ライター)

【スペシャル・レビュー】
歌を歌う。天に向かって高らかに。地を這うように静かに。メロディに心を寄り添わせて、ときにしっとりと、ときに力強く、ときに早く、ときに遅く。気持ちよく歌うためのメロディメイカー。それが『弾いて歌えるDSギター"M-06"』だ。

静かな夜、何もない休日、ふとギターを爪弾きたくなったときを『DSギター』は待っている。ニンテンドーDSを立ち上げると、たちまち起動。あとは演奏するだけだ。コードはあらかじめセットされている。十字キーを押しながら、タッチパネルをこすり、なで、かき乱すだけで、ジャカジャカとスピーカーから音があふれだす。ふたつ以上のコードを鳴らせば、そこにメロディの種が生まれる。あとは歌声をそこに乗せるだけ。『DSギター』から、かき鳴らされるメロディにあわせて思う存分、歌い上げてほしい。もちろん収録曲にあわせて、ギターを鳴らすだけでも楽しい。「少年時代」「卒業写真」から「ハイウェイ」「粉雪」まですべての世代に響くだろう名曲が収録されている。

ただし「歌いたい!」と思わない人にはおススメできない。『DSギター』は、いわゆるよくある音楽系ゲームソフトのように、みんなをもてなしたりはしない。『DSギター』はあくまで楽器。はじめて歌声があって完成する、伴奏ソフトなのだから。ただし、歌が好きな人にはたまらないだろう。ニンテンドーDSをスピーカーにつないで、『DSギター』にあわせて、みんなで歌うのはたまらなく気持ちいい体験だ。とくに冬の長い夜には欠かせないソフトになるかもしれない。お酒を傾けながら、一曲。暖かい暖房に包まれながら、一曲。かけがえのない時間が過ぎていく。

いつもギター代わりに机の上に置いておきたい、世界で一番小さいギターなのだ。

(志田英邦/ゲームライター・インタビュアー。インタビュー集『ゲームマエストロ』などを執筆)

自分は「楽器」として楽しんでます。 2007-01-13
既に多くの感想が寄せられていますので、思ったところを箇条書きにさせていただきます。



【良いところ】

・チューニングの必要がない、指一本でコードを押さえられる等、本物のギターで障害になりそうな部分が一切ない。

・生音のサンプリングである為、再生環境によっては本物と遜色ない音で楽しめる。

・実際の楽器と同じようにエフェクターに接続できる(ディストーションもかけられます)



【悪いところ】

・タッチパネルのサイズの問題で、非常に狭い振り幅でストロークしなければならない。

・生音のサンプリングである為、サスティーンが弱い(アウトロを長音で逃げたりできない)

・ハーモニクス寄りのカッティングができないので音色がちょっと淋しい。



DSの本体を片手で保持し続けるのが難しいというような問題もありますが、慣れで改善できます。

タッチパネルに傷がつくのでは…という不安もありましたが、本体付属のスタイラスを使用していれば

まったく傷はつきません(かなりプレイしてますが現状問題ありません)

「月刊歌謡曲」などコード譜がたくさん載ってる書籍を用意すれば無限に楽しめるソフトだと思いました。

あとはいかに能動的に楽しめるか。持ち主の資質によって評価はかなり変わると思います。

普段CDを聞きながらなんとなく手がエアギターしてしまう方に強くオススメします。


さらに詳しい情報はコチラ≫





Posted by ルパン8世 at 2007/01/15 16:00 | Top▲

ニンテンドーDS Lite ノーブルピンク |任天堂


ニンテンドーDS Lite ノーブルピンク
任天堂
Nintendo DS Video Game
発売日 2006-07-20


2004年12月に発売されたニンテンドーDSの上位モデル。ただしDS、DS Lite共に店頭での品薄が続いており、出荷がDS Liteに偏っているため、事実上の改訂版になっている。

サイズが小さくなった部分と、変わらない部分と、大きくなった部分がある。小さく・軽くなったのは本体。ワイシャツのポケットにも無理なく入るようになった。変わらないのは液晶サイズ。だが本体が小さくなった分、逆に大きくなった印象を受ける。明度の切り替えも2段階から4段階に増え、段違いに明るく、鮮やかになった。

そして意外にも大きくなったのがタッチペン。これで入力のしやすさが増した。なかなかニクい改良である。

本体の小型化に伴ってキー配置なども変更された。十字キーとLRキーが小型化され、電源スイッチは本体側面のスライド式に変更。マイクがヒンジ部分に移動したり、タッチペンも横向きに差し込むなど、細かい修正がなされている。外装も光沢仕上げとなり、全体的に玩具臭さが抜けて、すっきりしたイメージになった。それでいて、耐久性は変わらないのがすごい。PDAなら、こうはいかない。

十字キーとLRキーが小さくなった分、アクションゲームに向かない印象があったが、実際に遊んでみたところ大差はないと感じた。むしろDS Liteの方が、十字キーの誤入力が減った印象を受けたほどだ。LRキーはストロークが減ったぶん、カチャカチャという感じに変わったが、プレイに支障をきたすほどでもない。もっともキータッチは機械の個体差や個人差が大きいので、参考程度に捉えて欲しい。

唯一残念だったのは、ファームウェアの操作系に変化がなかったこと。そのためオプション設定やピクトチャット終了後は、一度電源を切らなければならない、などの使いにくさが残っている。液晶の明度がゲーム中に変更できないのも残念。他に上位モデルというなら、ピクトチャットをカラー化するくらいの差別化は欲しかったところだ。

(小野憲史/1971年生まれ。「ゲーム批評」編集長を経て、フリーライターとして活躍中)

ピンク色? 2007-01-03
ピンクにしたかった訳ではなく、早く入手したくて注文したらこの色だったので
最初は「え、ピンクかよ…」と思いましたが、案外おとなしいピンクなので安心しました。
ピンクなら指紋もそれほど目立たないので気になりません。
好みが分かれそうなピンク色なので、見本を見てから
決めた方が良いと思います。(広告とは発色がちょっと違うと感じました)

軽くて小さいので持ち運びがとても便利です。
厚さを除けば電子辞書より幅を取らないので、バッグにも楽々入ります。
また、(ソフトにもよりますが)電車等で気軽に遊べるのも魅力です。
START・SERECTボタンが慣れないうちは押しづらいと思いました。

やり込み系のソフトや他機能が充実しているのはPSP、
遊べる年齢層が広く手軽に色々楽しめるのはDS、といった感じだと思います。
ただ、DSの方は未だに続く品薄がツラいです。
自分も10件以上探してようやく予約にこぎつけました。
転売等では値段が張っているので、普通に店頭予約できるお店を探した方が良いです。



さらに詳しい情報はコチラ≫





Posted by ルパン8世 at 2007/01/15 16:00 | Top▲

ニンテンドーDS Lite ジェットブラック |任天堂


ニンテンドーDS Lite ジェットブラックニンテンドーDS Lite ジェットブラック
任天堂
Nintendo DS Video Game
発売日 2006-09-02


2004年12月に発売されたニンテンドーDSの上位モデル。ただしDS、DS Lite共に店頭での品薄が続いており、出荷がDS Liteに偏っているため、事実上の改訂版になっている。

サイズが小さくなった部分と、変わらない部分と、大きくなった部分がある。小さく・軽くなったのは本体。ワイシャツのポケットにも無理なく入るようになった。変わらないのは液晶サイズ。だが本体が小さくなった分、逆に大きくなった印象を受ける。明度の切り替えも2段階から4段階に増え、段違いに明るく、鮮やかになった。

そして意外にも大きくなったのがタッチペン。これで入力のしやすさが増した。なかなかニクい改良である。

本体の小型化に伴ってキー配置なども変更された。十字キーとLRキーが小型化され、電源スイッチは本体側面のスライド式に変更。マイクがヒンジ部分に移動したり、タッチペンも横向きに差し込むなど、細かい修正がなされている。外装も光沢仕上げとなり、全体的に玩具臭さが抜けて、すっきりしたイメージになった。それでいて、耐久性は変わらないのがすごい。PDAなら、こうはいかない。

十字キーとLRキーが小さくなった分、アクションゲームに向かない印象があったが、実際に遊んでみたところ大差はないと感じた。むしろDS Liteの方が、十字キーの誤入力が減った印象を受けたほどだ。LRキーはストロークが減ったぶん、カチャカチャという感じに変わったが、プレイに支障をきたすほどでもない。もっともキータッチは機械の個体差や個人差が大きいので、参考程度に捉えて欲しい。

唯一残念だったのは、ファームウェアの操作系に変化がなかったこと。そのためオプション設定やピクトチャット終了後は、一度電源を切らなければならない、などの使いにくさが残っている。液晶の明度がゲーム中に変更できないのも残念。他に上位モデルというなら、ピクトチャットをカラー化するくらいの差別化は欲しかったところだ。

(小野憲史/1971年生まれ。「ゲーム批評」編集長を経て、フリーライターとして活躍中)

前よりもコンパクト。 2007-01-05
どうやら巷ではクリスタルホワイトが人気のようですが、個人的にはブラックの方が落ち着きますね。まあ、指紋が目立ちやすいのが欠点ですが布などで軽く拭けば取れます。

買った後の感想としては、前よりもコンパクトになって持ち運びが便利になりました。サイズが大きいとその分の空きを作らないといけないので困っていましたが、小さくなって嬉しいです。




さらに詳しい情報はコチラ≫





Posted by ルパン8世 at 2007/01/15 16:00 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。