おいでよどうぶつのもりの紹介。その他、オンライン無料ゲーム、おもしろいゲームの紹介。おいでよ動物の森の攻略本も紹介しています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ルパン8世 at --/--/-- --:-- | Top▲

ニンテンドーDS Lite アイスブルー |任天堂


ニンテンドーDS Lite アイスブルーニンテンドーDS Lite アイスブルー
任天堂
Nintendo DS Video Game
発売日 2006-03-11


2004年12月に発売されたニンテンドーDSの上位モデル。ただしDS、DS Lite共に店頭での品薄が続いており、出荷がDS Liteに偏っているため、事実上の改訂版になっている。

サイズが小さくなった部分と、変わらない部分と、大きくなった部分がある。小さく・軽くなったのは本体。ワイシャツのポケットにも無理なく入るようになった。変わらないのは液晶サイズ。だが本体が小さくなった分、逆に大きくなった印象を受ける。明度の切り替えも2段階から4段階に増え、段違いに明るく、鮮やかになった。

そして意外にも大きくなったのがタッチペン。これで入力のしやすさが増した。なかなかニクい改良である。

本体の小型化に伴ってキー配置なども変更された。十字キーとLRキーが小型化され、電源スイッチは本体側面のスライド式に変更。マイクがヒンジ部分に移動したり、タッチペンも横向きに差し込むなど、細かい修正がなされている。外装も光沢仕上げとなり、全体的に玩具臭さが抜けて、すっきりしたイメージになった。それでいて、耐久性は変わらないのがすごい。PDAなら、こうはいかない。

十字キーとLRキーが小さくなった分、アクションゲームに向かない印象があったが、実際に遊んでみたところ大差はないと感じた。むしろDS Liteの方が、十字キーの誤入力が減った印象を受けたほどだ。LRキーはストロークが減ったぶん、カチャカチャという感じに変わったが、プレイに支障をきたすほどでもない。もっともキータッチは機械の個体差や個人差が大きいので、参考程度に捉えて欲しい。

唯一残念だったのは、ファームウェアの操作系に変化がなかったこと。そのためオプション設定やピクトチャット終了後は、一度電源を切らなければならない、などの使いにくさが残っている。液晶の明度がゲーム中に変更できないのも残念。他に上位モデルというなら、ピクトチャットをカラー化するくらいの差別化は欲しかったところだ。

(小野憲史/1971年生まれ。「ゲーム批評」編集長を経て、フリーライターとして活躍中)

画質はSPの比じゃない 2007-01-13
アドバンスSPを持っておりアドバンスソフトもまだやっていないものが沢山あったので当分買うつもりはなかったんですが、あるサイトの抽選販売に当たり、品薄状態もまだ続きそうだったので購入を決めました。感想としては…まずSPと画質の違いにビックリ。テレビでプレイしているような明るさ・シャープさ・色の濃さ。正直SPと大差ないだろうと思ってました。音も上画面の左右両側から出るのでかなり良いですよ。アイスブルーという色も綺麗な色でまるで石けんのよう。傷や汚れをつけたくなくなります。液晶のフィルターや本体のプロテクターは必須です。

不満点をいうならやはりアドバンス以降のソフトしか使えないこと。この画質でGBソフトとかやってみたかった。技術的には可能だったはずなんだけどPSPに対抗するためコストダウンした結果なのかなぁ?あとはソフトリセットがしにくい。スパロボなんかでよく使う人はわかると思う。まぁ単純に電源切ればいんですがやりすぎると壊れるだろうし。本体のみの操作性はSPのが上じゃないかと。軽いしボタン大きいし。最後にL・Rボタンの表面がザラザラしているので汚れがとてもつきやすいです。これは色が薄めの本体共通ですが、雑誌や新聞読みおわった後なんかにプレイすると多分すぐに黒くなっちゃうと思います。気になる人は手を洗ってからプレイしましょう。本体が濃色なら目立たないでしょうがは今度は傷が目立ちやすいだろうし一長一短ですね。

2007/1現在いまだ予約も出来ず数量限定や抽選販売でしか買えない状態。私のようにもし定価以下で買える機会にあったなら即買いをお薦めします。でもその直後に任天堂が値下げして大量出荷しても自己責任ですよ(笑)


さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト
Posted by ルパン8世 at 2007/01/15 16:00 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。